第一次ディスコブーム

1975年から1976年ごろにかけての時期に、DDサウンド(1977年から1981年にヨーロッパを拠点に活動したディスコミュージックグループ)などのディスコ・バンドが日本で商業的なヒットを出しました。

1978年のジョン・トラボルタ主演の映画 「サタデー・ナイト・フィーバー」が大ヒットします。当時のディスコは、「フィーバーする」大勢の若者を生みました。70年代終わりから80年代初めにかけては、踊らせることが目的のサウンドや、テクノブームが訪れます。原宿の歩行者天国でラジカセを囲み、奇抜な衣装で踊る「タケノコ族」が流行したのもこの時期です。

この頃を代表する東京のディスコは、新宿の「ツバキハウス」、「ワンプラスワン」、上野の「ブラックシープ」、浅草の「シャトー」などでした。

サーファーディスコブーム

詳しくみる…

ウォーターフロントブーム

詳しくみる…